受付・診療時間
診療時間
10:00~12:30
12:30~16:00 手術時間(月曜日~金曜日)
16:00~20:30

〇 土日祝の午後は15:00~17:30までの診療となります。
▲ 火曜日は午後手術日

TEL.092-663-5092
出勤表出勤表
求人情報

腫瘍手術

ペットのがんについて

寿命の延長にともない増加傾向に

近年、動物の寿命が延びたことに伴って、悪性腫瘍(がん)が見つかるケースが増えています。 がんが見つかるケースとして多いのが、普段のスキンシップで体表にあるしこりに気づきご相談いただくケースです。 普段から動物の様子をよく確認したり、体に触れたりして異常はないか確認することは大事です。

ただし、体表にできるがんのような飼い主様が見つけやすいものだけでなく、血液検査やレントゲン検査、エコー検査をしてみないとわからないものもたくさんあります。 がんが進行すると様々な症状がみられますが、そうした症状が現れる前に発見し早く治療すれば、それだけ大切なご家族の命・健康を守ることができます。

そのため、普段のスキンシップでしこりに気をつけるだけでなく、ある程度以上の年齢になったら年1回以上の定期的な健康診断を受け、がんの早期発見・早期治療に努めるようにしましょう。

犬・猫のよくあるがん

犬のがん ・リンパ腫
・乳腺腫瘍 (乳がん)
・口腔内腫瘍
・鼻腔内腫瘍
・皮膚腫瘍
など
猫のがん ・リンパ腫
・乳腺腫瘍 (乳がん)
・口腔内腫瘍
・腸管腫瘍
など

もし、がんが見つかった時は

健康診断や検査により、もしがんが見つかった時、外科治療(手術)で治せるものならそれをおすすめしますが、残念ながらがんの中には治療できないものや、治療しても予後が悪いものがあります。
こうしたことは、がんが見つかった時、きちんと飼い主様にお伝えして、その子のために何ができるのか一緒になって考えさせていただきます。

抗がん剤で延命が見込めるとしても、副作用が出るかもしれません。
延命期間のために治療するのか、それとも痛みを取ってあげることを優先するのか、それは飼い主様によって様々です。

当院では飼い主様のお考え・選択を尊重し、そのうえで“がんなので終わり”ではなく、“まだまだしてあげられることはたくさんある”という思いで動物と飼い主様に寄り添います。

セカンドオピニオンも承ります

当院の院長は獣医腫瘍科認定医Ⅱ種の資格を取得しており、他の動物病院でがんの治療を受けられている方からのセカンドオピニオンも承ります。
「他の獣医師の意見も聞いてみたい」「他に治療方法がないか確認したい」ということでしたら、お気軽にご相談ください。

腫瘍手術について

獣医腫瘍科認定医Ⅱ種の獣医師が治療

当院の院長は獣医腫瘍科認定医Ⅱ種の資格を持ち、がん治療に対する専門知識を有しています。
個々の動物の状態を詳しく確認したうえで、最善の治療方法をご提案いたしますので、大切なご家族でがんが見つかった際は、一度お気軽にご相談ください。

がんの外科手術

がんの外科手術では、がんそのものや、その疑いがある部位を外科的に摘出します。
がんの種類・状態によっては、手術により完治させることも可能です。
手術は全身麻酔下で行われ、事前の検査・診断により麻酔リスクをよく確認したうえで実施いたします。

なお、当院では高周波手術装置(VIO3)や動物用ICUシステム(集中治療室)を導入しており、これにより周術期(手術前~術後)の動物の体への負担が抑えられ、難易度の高い手術でもリスクを減らすことができます。
こちらの装置を使用して、できる限りリスクの少ない手術を行わせていただきます。